読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1台無料PHSの扱い

mobile

今Nexus 6を使っている契約はPHS時代にiiro WX04Sへの機種変更時にそれまで使っていたWX01Kをもう1台無料キャンペーンの子回線としてつけていたものである。そしてNexus6への変更時にiiroを家族割回線として下にぶらさげた。

WX01K
↓2014年3月 機種変更
(親)WX04S+(子)WX01K(もう1台無料)
↓2014年12月PHSからスマホに契約変更
(親)Nexus 6+(子)WX01K(もう1台無料)+WX04S(家族割で無料)

親回線であるPHSをNexus 6のスマホプランにしたので子回線であるWX01Kの料金がどうなるのか気になっていた。親回線の契約内容が変わるときにはもう1台無料は無効になるというのは当初言われていた(書かれていた)ことであるが、その後ウィルコムからワイモバイルに変わり、さらにMNP導入でスマホプランへの移行が可能になるなど情勢が変わっている。契約時に店頭ではもう1台無料は継続するので大丈夫とは説明は受けていたのであるが、誤案内誤請求多いキャリアなので心配もあった。今日請求が確定したのを確認したところ、無料であった。

WX04Sもさらに家族割引で無料回線となっているのであるが、そっちはMy Ymobileで「家族割引」が適用されていることは請求確定前から確認することができる。一方「もう1台無料」は請求書の形にならないとどういう扱いなのかわからなかった。

ワイモバイルは何が約款による扱いで何がキャンペーンによる扱いなのかはっきりしないことが多いキャリアなのだが(しかもキャンペーンをまだやっているのかもう終わったのかもはっきりしない。店頭ではじめてわかることも多い。)、まあこれで2回線のPHSが無料で持てていることは確認できた。WX04SはPHS停波見届けに置いておくとして、WX01KはいつでもMNP弾として飛ばせるぞ。