読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィルコム消滅1年

法人として消滅して1年、その後しばらくはブランドとしては存在していたもののすぐにワイモバイルに変わり、昨年秋のMNP開始、それからも半年以上が経過した。ワイモバイルも法人は消滅しソフトバンクと合併した。

まあワイモバイルのPHSへのやる気のなさは予想どおり。かといってやる気があったところでおそらく今の市場情勢ではどうにもならんだろうけど。

かつて月2900円のキャリア内定額(コストはあまりかからない)で客を呼んでいたのに、今やそれと同じくらいの額で、各キャリアで他キャリア宛定額(アクセスチャージが従量制で発生するため利益は薄い)をする時代となった。それでも「高い」と言われる時代。音声通話市場はもうもうからないからデータ中心のキャリア(イーモバイル)と合併して弱点を補い合うのも必然だし、それだけでもなお弱いから親会社と合併した。ウィルコムだれとでも定額で他キャリア宛の定額制を導入して5年もたず他社追従されて自分の首を絞めたわけだが、当時としては他に打つ手もなかったし、急にはPHS事業をやめられない程度にはユーザーも増えたので、成功ではあるだろう。あのとき何もしていなかったらもっと早い段階で公衆PHS事業は終わっていたはず。

私も昨年末以来メインの音声端末はPHSからLTE端末に変更し(もう1台無料と家族割引で基本料無料のPHSは2台あるが)、それなりに満足しているものの、一方でこのところMVNOキャリアの台頭もすごくて(実際使ってもいるので)、いつまでもワイモバイル契約を維持するかはわからない。停波見届け用のつもりで持っている上記の無料PHSが引き止め材料になっている状態。

それにしてもワイモバイルもどうなるんだろうか。これだけMVNOが台頭すると中途半端すぎて存在感を出しにくい。2年後には1000円高くなる料金コースであるからキャンペーン延長か別料金コースを出すかパケットの割当量を増やすかしないと解約ラッシュだろうな。Yahooとの協業も中途半端だし。いまだに知恵袋のイーモバイルのカテゴリがワイモバイルになっていないくらいである。